奈良県性暴力被害者サポートセンター(NARAハート)

 NARAハートとは?

奈良ハート ロゴ

 

性暴力にあい、ひとりで悩んでいませんか。

専任の職員が相談を受けます。まず、お電話ください。

「NARAハート」はあなたの『ハート=こころ』に寄り添う支援を目指しています。

あなたの大切なからだと心のケアについて一緒に考えます。

(相談者の性別、年齢は問いません)

NARAハート対応時間

 ※まずは、お電話で相談ください

 火~土曜日の9時00分~17時00分

 (祝日・年末年始・月曜日が祝日と重なる時はその直後の平日、を除く)

 

~被害後間もない方へ

とても大変な出来事にあって、今どうしたらいいのか混乱しているのではないでしょうか。
まずは自分の身体や心の安全を第一に考え、安全な場所や安心できる場所へ避難しましょう。
ひとりで抱え込まず、相談しましょう。
ケガの手当てや望まない妊娠・性感染症を防ぐため、なるべく早めに医療機関を受診しましょう。
妊娠が心配な場合は、被害から72時間以内であれば、緊急避妊薬(アフターピル)を服用することによって、
ほとんどの場合、望まない妊娠を防ぐことができます。

NARAハートでは、支援員が一緒に病院や警察に付き添う同行支援をおこなっています。
また、NARAハートに相談した後で、医療機関を受診した場合、必要に応じて医療費を助成する制度があります。
まずはNARAハートにご相談ください。

なお、県内の緊急避妊にかかる対面診療が可能な産婦人科医療機関等についてはこちら(pdf 237KB)

 

相談専門ダイヤル


0742-81-3118 NARAハート相談ダイヤル

 24時間365日受け付けしています。

 ※NARAハートの対応時間外は、夜間休日対応コールセンターにつながり、相談を受け付けます。

   コールセンターで受付した相談は、NARAハートに引き継がれ、その後関係機関と連携し、必要な支援を行います。

 

  または

 

#8891(はやくワンストップ) 全国共通短縮ダイヤル ※通話料無料

〇NTTひかり電話からは、フリーダイヤル 0120-8891-77 にお電話ください。
〇短縮ダイヤル及びフリーダイヤルは、全国どこから電話しても、最寄りのワンストップセンターにつながります。
〇一部のIP電話等からはつながりません。上記電話がつながらない場合等は、NARAハートの相談専用ダイヤル 0742-81-3118 に直接お電話ください。(通話料がかかります)

 


メール相談

メール相談を実施しています。

 

相談専用フォームはこちら  →    メール相談フォーム

 

 ※メール相談の注意点

  • 24時間受け付けておりますが、返信には数日かかる場合がございます。
    被害直後など緊急対応が必要な場合、もしくはお急ぎの方は、
    電話相談(0742-81-3118 または #8891)をご利用ください。

奈良県性暴力被害者サポートセンター出前講座

NARAハートにおける20代までの性暴力に関する相談は、これまで受けた相談件数の約5割に上ります。若年層の被害者は被害を周りの人に打ち明けることが難しく、何年も経ってから相談するケースも珍しくありません。
性暴力は、社会的な問題であり、その影響は深刻です。若年層にとって重要なのは、性暴力被害に関する正しい知識を得、被害を防ぎ、支援を受ける方法を学ぶことです。
奈良県では、若年層を中心に、性暴力の予防と対策に関する「奈良県性暴力被害者サポートセンター出前講座」を実施しています。

出前講座について

NARAハート支援員が申込みのあった奈良県内学校等に出向き、性暴力被害に関する正しい知識及び相談できる窓口等について、わかりやすくご説明します。
※学校関係者以外にも、性暴力被害について知識を得たい方からもお申込みも受け付けています。

所要時間

60分程度

申込期限及び申込方法

(1)申込期限
出前講座の実施を希望する日の1ヶ月前まで
※相談の受付状況によっては、ご希望の日に実施できない場合があります。まずは出前講座申込受付窓口にお電話でご相談ください。

(2)申込方法
「奈良県性暴力被害者サポートセンター出前講座申込書(第1号様式)」 (pdf 70KB)に必要事項を記載の上、下記へお申込みください。
 出前講座申込受付窓口:奈良県女性センター 〒630-8216奈良市東向南町6
 TEL:0742-27-2300 FAX:0742-22-6729

その他

講師謝金及び旅費などの費用は無料です。配布資料等の印刷をお願いする場合があります。

 

 

性暴力とは?

  • 無理やりキスやセックスをされる
  • 体をさわられる、さわらせられる
  • 性器を見せられる
  • SNS上に性的な中傷を書いたり写真や動画を載せたりされる

など

あなたがイヤと感じた性的な行為はすべて『性暴力』です

 

どのような支援が受けられるの?

  • 専任の女性支援員が電話相談や来所相談を受けます。
  • ひとりで心細いとき、警察・病院・法律相談に付き添うこともできます。
  • カウンセリングや法律相談等、あなたが望む支援ができる関係機関へつなぎ、連携して支援します。

 

自分ではなく、友達が被害にあった相談もできるの?

被害者本人だけではなく、家族や友人が被害にあってしまった時の相談も受けています。

 

費用はかかるの?

相談は無料です。

必要に応じて、医療費・カウンセリング費用・法律相談費用を助成する制度があります。

 

小冊子等

panfuretto
小冊子(pdf 894KB)

 

poster
ポスター(pdf 501KB)



学校でおこった性暴力被害の初期対応手引き

奈良県性暴力被害者サポートセンターでは、「学校でおこった性暴力被害の初期対応手引き」を作成し、
学校の管理下で起こった児童生徒間における性暴力被害の初期対応について記載しています。
性暴力被害に遭ってしまった児童生徒たちのからだ
やこころを守るために、
県内の教職員のみなさまだけでなく、広くこの手引きをご活用いただけますと幸いです。

syokitaioutebiki
手引き(pdf 3180KB)