水資源政策課

新着情報

「山」と「川」の学校~五感で楽しむ奈良の水めぐり旅~

「山」と「川」の学校~五感で楽しむ奈良の水めぐり旅~ ~第1弾~『川』に学び、『川』を楽しむ

 

令和5年7月16日(日)に国営飛鳥歴史公園 石舞台 あすか風舞台および飛鳥川において、上記イベントを開催しました!当日は晴天に恵まれ、40名の方にご参加いただきました。

 

a a

 

最初に、奈良県水資源政策課職員より水循環のお話をさせていただきました。

次に、環境科学博士である谷幸三先生指導のもと、リバーウォッチング(自然観察会)を行いました。先生に川のお話や水生生物の捕まえ方を教えていただいたあと、ザルを使って石の下や草の根元など、色々なところを探して沢山の水生生物を捕まえることができました。

 

a a

 

捕まえた水生生物の種類から、その川の水がきれいなのか汚れているのかが分かります。観察会の結果から、飛鳥川の水は「ややきれいな水」であることが分かりました。谷先生からは、捕まえた水生生物についての楽しいお話がありました。

 

a a

 

最後に、パックテストを使った水質実験を行いました。美味しいジュースも、そのまま流せば水を汚してしまうことが分かりました。

谷先生にはたくさんのお話をしていただきました!ありがとうございました。

 

当日のアンケートでは「生き物が沢山いて見つけるのが楽しかった」などと回答していただき、川や生き物について知る良い機会になりました。

ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 

 

「山」と「川」の学校~五感で楽しむ奈良の水めぐり旅~ ~第2弾~『山』を知り、『山』に癒やされる

 

 

令和5年8月19日(土)に森と水の源流館および丹生川上神社上社、宮滝河川交流センター、セラピーロードにおいて、上記イベントを開催しました!当日は晴天に恵まれ、20名の方にご参加いただきました。

 

a a

 

最初に、森と水の源流館にて、様々な展示物や映像をもとに源流である森の大切さを学びました。

次に、丹生川上神社上社へ移動し、望月宮司より講話をいただきました。水と神社の

関係や、大滝ダムができた経緯やご苦労を知ることができました。

 

a a

 

午後からは宮滝河川交流センターへ移動し、坂本先生指導のもと、地元の吉野ヒノキを使ったキャンドルホルダー作りを行いました。薄くスライスされたヒノキの皮から溢れる柔らかな光に、心が癒やされました。

 

a a

 

最後に、桜木神社から高滝へのセラピーロードを歩きました。セラピーロードの木の下や高滝周辺は涼しく、流れる川の水もきれいで、山の恵みを感じることができました。

 

アンケートでは「普段はできない貴重な体験ができた」などと回答していただき、山の大切さを知る良い機会になりました!

ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 

水質汚濁防止法等のお問い合わせ(過去に水質汚濁防止法等の特定施設の届出がなされたかの確認)につきましては こちら をご確認ください。

※奈良市の水質汚濁防止法等の特定施設につきましては、奈良市にご確認ください。

 

奈良県の登録を受けた浄化槽保守点検業者の一覧につきましては、景観・環境総合センターのページにてご確認ください。

お問い合わせ

水資源政策課
〒 630-8501 奈良市登大路町30

お問い合わせフォームはこちら


水循環政策係 TEL : 0742-27-8489
水環境係 TEL : 0742-27-8737